確定申告が必要な場合とは??

どんな場合にサラリーマンでも確定申告が必要となるのか
参考に整理してみます。

《税金還付を受ける主なケース》
1)多額の医療費(概ね10万円/年)がかかり医療費控除を受ける場合
2)住宅ローンを組んで、新築・購入・増改築をした場合
3)株の損失の繰越控除(前ページ)

《確定申告が必要なケース》
1)資産を売却した場合
2)副収入(賃貸料数収入・原稿料・満期保険金・株の配当など)の合計が、20万円を超える場合
*満期保険金は、特別控除額、その他の収入にも必要経費などが認められていますので、
よく研究して下さい。

《確定申告を怠ると加税されてしまいます》
1)申告期限内に申告しないと・・・無申告加算税5%または15%
2)税金を期限までに納めないと・・・延滞税7.3%〜
3)納付金不足・・・過少申告加算税0%〜15%
4)意図的な脱税・・・重加算税35%〜40%

《確定申告の質問窓口》
1)国税局や税務署の税務相談室
2)税務署の相談窓口(確定申告のシーズン)
3)タックスアンサー


確定申告へ

中国株へ
メールで小遣いへ
TOPへ戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO